最新式治療!?目立たずに歯を矯正する方法とは

目立ちにくい矯正器具を使う方法

歯の矯正治療というと、歯に銀色の矯正器具をつけて行うとイメージが強いですよね。これだといかにも「矯正中」という見た目になってしまい、なかなか矯正治療に踏み出しにくい面もあります。しかし、近年は目立ちにくい白や透明の矯正器具も使われるようになってきています。こうした器具を使えば、自然な見た目のまま矯正治療を行うことができるわけです。色が違うだけで、効果は従来型と変わらないので安心して治療を受けられますよ。


歯の裏側に矯正器具を取り付ける方法

矯正器具は歯の表側につけるケースが多いですが、実は歯の裏側に取り付けて治療を行うことも可能なんですよ。こうすれば外からは全く見えませんし、誰からも気づかれることなく矯正治療を済ませられます。矯正器具を歯の表側につける場合と比べても、治療効果が劣るということはありません。違いがあるとすれば、しゃべったり、食べたりするのが若干しにくくなる点が挙げられるでしょう。ただ、これもそのうち慣れるので、大きな問題とはなりませんよ。


透明なマウスピースを使う方法

目立たない矯正治療として手軽にできるのが、マウスピースを使う方法です。マウスピースはいつでも自由に取り外せますし、色自体も透明なので、着用していても人に気付かれることはありませんよ。それに、マウスピースは四六時中着用し続ける必要はなく、寝るときのみ着用すれば良いというケースも多いです。ただし、マウスピースを使う方法は強い力で矯正するわけではなく、軽度な症状にしか効果が見込めないという面もあります。



歯科の治療では、金属が主流で歯茎が黒ずんだり、歯の表面が黄色く変色するなど見た目もよくありませんでした。オールセラミックにすると透明感もでて自然な歯になり、強度もあり歯の機能もよくなります。